商品特性を理解してビジネスローンを利用しよう

>

ローンはローンです

ローンカード型と事業融資型

ローンカード型は、カードを使ってATMなどで現金を引き出して利用する方法です。
個人のカードローンと同じイメージで、わざわざ金融機関などに都度出向く必要はなく、自由に借り入れと返済ができるところが魅力です。
スピードが大切な資金繰りが、コントロールしやすくなります。
限度額内であれば何度でも借り入れることができるため、中小企業にとっては大変助かる商品でしょう。
事業融資型は、限度額全額を一度に借り入れ、後は返済していくだけという形の商品です。
実は審査方法がスコアリングシステムではなく手作業になるので、一般的な融資に近いビジネスモデルです。
よって、追加で借り入れたいときには、その都度審査が必要になります。
きちんと審査を行うため、融資の限度額が高めなので、大きい額を一度に使いたいときには、便利な商品です。

ビジネスローンの商品モデルとは

ビジネスローンを検討するとき、金利の高さは重要です。
低ければ低いに越したことはありません。
しかし、もともとの商品の性質として、「高めの金利で貸し付ける」というものなので、低金利を求めている場合は不向きです。
資金調達を検討する企業には、経営に直接影響がある場合がほとんどです。
金融機関が貸付けた資金を回収できないリスクを負いたくないため、融資が成立せず、そのまま倒産してしまうことを避けるために開発された商品なので、高金利であることは大前提なのです。
金利の上限は利息制限法という法律が影響しています。
つまり、法律で決められたギリギリの金利を適応しているという事です。
しっかりと理解したうえでの利用が大切です。


TOPへ戻る