商品特性を理解してビジネスローンを利用しよう

>

申し込み先と受ける審査

審査と金利の関係性

ビジネスローンを利用する場合、申し込み後に審査があります。
この審査使われる方法がスコアリングシステムというものです。
これは融資対象のあらゆる情報を点数に換算し、その信用度合いを測るものです。
各機関によって細かな判断基準があるようですが、基本的にはこの点数で融資できるかどうかを決めます。
この方法には、審査に手間と時間がかからず、審査コストを下げることでローンを実行することができるという利点があります。
また、申込者側にとっても、審査が緩いため融資を受けやすくなります。
ここが通常の融資と大きく違うところです。
これほど間口が広いローンですから、金利は通常の融資よりも高めに設定されています。
幅がありますが、15%前後が平均的です。
中でも一番高い金利を最高金利といいます。
初めての利用にはほとんど最高金利が適用されますので、チェックしておきましょう。

銀行系とノンバンク

利用先には大きく分けて銀行系とそれ以外に分けられます。
銀行系のローンは、それだけで何となく安心感がありますよね。
審査方法はノンバンクと同じで、利用限度額も銀行系のほうが高く設定されていることが多いです。
ただし、審査に長く時間がかかるケースもあるようで、すぐに資金調達したい場合は不向きかもしれません。
また、手続きにちょっと面倒な点があるようで、そのあたりは「銀行らしい」ですよね。
ノンバンクについてですが、実際にはこちらを利用する事業者が多いようです。
カード会社、信販会社、民間の貸金業者などは、スピーディにローンを実行してくれることが多く、急に資金調達が必要になった場合には重宝します。
状況に合ったローンの利用が必要です。


TOPへ戻る