商品特性を理解してビジネスローンを利用しよう

>

ビジネスローンを利用する背景

資金調達にはいくつかの方法があります

補助金やクラウドファンディングなど、今は様々な資金調達方法がありますが、使い勝手が悪かったり時間がかかったりと、用途に合わないことも。
そこで、ファクタリングという方法があります。
商売ではその場の現金やり取りではなく、掛けで売買するケースがほとんどです。
その後、約束の日に纏めて現金なり手形なりで代金を回収します。
ファクタリングとは、その代金を回収する権利をファクタリング会社に買い取ってもらうことを言います。
これで資金を調達するわけです。
ただし、買取ってもらう場合に手数料がかかりますので、満額都合がつかないことも。
それでも、これはお金を借りるわけではなく、持っている権利を売る、という事なので、調達方法としては全く別の方法です。
規模の問題もありますが、検討してみるのもよいかもしれません。

ローンとファクタリングの違いは?

二つの大きな違いは、契約対象でしょうか。
ビジネスローンは個人に対して、ファクタリング利用は法人というところがほとんどです。
最近では個人も可能なケースもあるようですが、審査のハードルが高く、断れることが多いでしょう。
個人と法人では信用力の取り扱い方が違ってきます。
よって、審査の対象も変わってきます。
ビジネスローンは、借りる人の信用情報が大きく影響してきます。
必ずしもローン審査が通るという保証はなく、個人の信用を回復するのは難しいところも。
一方のファクタリングは、借りる側ではなくて売掛先の信用が大きく影響します。
回収できるかが焦点になるため、売掛債権の回収能力が問われるためです。
どちらも利点・欠点があるため、補う意味でも併用を考えると賢く利用できそうです。


TOPへ戻る